米澤穂信」タグアーカイブ

本と鍵の季節

二人で髪を切りに行く行為は、連れションに類似する。

「つまり、だ。体内で生成された物質が過剰になったから、外部に廃棄しに行くわけだ。よって、二人で髪を切りに行く行為は、連れションに類似する。ゆえに、別におかしなことじゃない」
「なるほど」
そう言ったのは、もちろん、納得したからではない。あまりに馬鹿馬鹿しくて相手にするべきかどうか迷ったからだ。結局、僕はこう付け加えた。
「だけどお前と連れションに行ったことはないし、行きたいとも思わないし、お前がどんなにそれらしいことを言っても散髪は連れションに似ていない」
「もっともだな」

米澤穂信. 本と鍵の季節 (集英社文庫)

ねこです。

つれション は ひと と ひと の けっそく を かくにん する しゅだん なのだそう。
たとえ いきたくなくても いっしょ に いくこと が ぎむづけられてるんだって。

でも いったら いった で けっこう でたり する もんで
ふぅー っと ひといき ついたり する ものです。

つれション って もしかして リラクゼーション てきな システム?